FOLLOW US

久保、バルサ相手にバースデーゴールなるか? ラ・リーガ再開に向けて復習&予習しておきたい7つのこと

いよいよ再開するラ・リーガの注目ポイントを総おさらい [写真]=©WOWOW

 スペインにフットボールが戻ってくる。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月12日に中断が発表されてから3カ月。いよいよ6月11日に、ラ・リーガが再開する。

 選手たちは5月上旬から練習を再開し、今月1日からは全体トレーニングが始まった。本番に向けた調整は急ピッチで行われており、試合のホイッスルが鳴った瞬間から100%のパフォーマンスを披露してくれるだろう。

 そこで今回は、ラ・リーガ再開に向けて復習&予習しておきたい7つのことをまとめてみた。試合を待ちきれないあなたも、これを機にラ・リーガを見てみたいというあなたも、これを読んで再開に備えよう。

■今季ここまでのおさらい

現時点のトップ3はバルセロナ、レアル・マドリード、セビージャとなっている [写真]=©WOWOW


 2019-20シーズンのラ・リーガは全38節中27節を消化している。特に序盤戦はもつれにもつれ、第12節終了時点で、1位から5位までの勝ち点差はわずか2ポイント。これは欧州5大リーグで最少だった。また第13節までに6チーム(セビージャ、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、グラナダ、アスレティック・ビルバオ)が首位に立つなど、過去50年で1度しかない珍事が発生した。その後は2強が本来の強さを発揮し、中断前時点で勝ち点「58」のバルセロナが首位、2ポイント差でレアル・マドリードが2位となっている。3位セビージャ(勝ち点47)との差が残り11節で10ポイントほどあることを考えれば、優勝争いは2チームに絞られたといっていいだろう。

■優勝争いは2強による一騎打ち

[写真]=©WOWOW


 その優勝争いが、リーグ再開後、最大の注目ポイントになる。第26節には“エル・クラシコ”が行われ、2-0でホームのレアル・マドリードが勝利。首位奪還を果たしたが、翌27節はバルセロナがレアル・ソシエダに勝利を収めた一方でレアル・マドリードがベティスに敗れたため、再び順位が入れ替わった。再開後も、抜きつ抜かれつのデッドヒートが繰り広げられるだろう。なお再開初戦は、バルセロナが久保建英の所属するマジョルカとアウェイで、レアル・マドリードが乾貴士の所属するエイバルとホームで対戦する。2強の結果はもちろんのこと、日本人選手のパフォーマンスにも要注目だ。

■優勝のカギを握るのは復帰組!?

[写真]=©WOWOW


 新型コロナウイルスの影響で長期の中断を強いられたが、ネガティブなことばかりではなかった。バルセロナではルイス・スアレスや、レアル・マドリードではエデン・アザールやマルコ・アセンシオら、主力級のアタッカーがケガからの復帰を果たしたのだ。彼らはすでにチームメイトと同じ練習をこなしており、再開初戦のメンバー入りが濃厚となっている。リオネル・メッシとカリム・ベンゼマの両エースだけでなく、復帰組が再開後の短期決戦でどれだけチームを助けられるかが優勝争いを大きく左右しそうだ。

■こちらも熾烈なCL出場権争い

ヘタフェ(上)やアトレティコ・マドリードなどが熾烈なCL出場権争いを繰り広げている [写真]=©WOWOW


 激しいデッドヒートを繰り広げているのは2強だけではない。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られるトップ4争いも例年以上の盛り上がりを見せている。第27節を終えて、3位セビージャ(勝ち点47)、4位レアル・ソシエダ(同46)、5位ヘタフェ(同46)、6位アトレティコ・マドリード(同45)、7位バレンシア(同42)の5チームが5ポイント差にひしめく大混戦。バルセロナとレアル・マドリードを除くと、残りは2枠であり、2013-14シーズン以来7年連続でCL出場を果たしてきたアトレティコ・マドリードにも“脱落”の可能性が残っている。なお再開後は直接対決が目白押し。第32節にはヘタフェ対R・ソシエダ、第37節にはR・ソシエダ対セビージャとヘタフェ対アトレティコ・マドリード、そして最終節(第38節)にはアトレティコ・マドリード対レアル・ソシエダ、セビージャ対バレンシアが控えている。明暗を大きく分ける“シックスポインター”も必見だ。

■久保は古巣対決、乾はレアルと激突!

[写真]=©WOWOW


 もちろん、日本を代表する2人のリーガ戦士からも目が離せない。マジョルカの久保は中断前最後のゲームとなった第27節エイバル戦で、今季3点目となるゴールを記録。チームは今季アウェイ初勝利を手にし、残留に向けて貴重な勝ち点3を獲得した(現在18位)。再開初戦の相手はバルセロナ。久保にとっては古巣対戦であり、6月4日に19歳の誕生日を迎えたあと最初のゲームになる。“バースデーゴール”に期待してもいいだろう。一方、エイバルの乾も再開初戦でレアル・マドリードと対戦する。こちらも今季1勝とアウェイは鬼門だが、マジョルカ同様、残留争いを勝ち抜くためには結果が欲しい(現在16位)。中断期間中にSNSで数々の凄技を披露していた乾には、ピッチ上でもキレ味鋭いプレーが求められる。なおマジョルカ対バルセロナは、日本時間6月14日(日)の午前5時、レアル・マドリード対エイバルは15日(月)午前2時半にキックオフ予定。どちらも絶対に見逃せない一戦だ。

■“アンダルシア・ダービー”でリスタート

2019年11月に行われたアンダルシア・ダービーで競り合うアレックス・モレノ(左)とルーカス・オカンポス [写真]=©WOWOW


 ラ・リーガは、セビージャ対ベティスの“アンダルシア・ダービー”で再開する。キックオフは、日本時間6月12日(金)の午前5時(現地時間11日午後10時)。ラ・リーガのハビエル・テバス会長が「追悼試合のような形で、これまで起きたことを記憶できる」と話したように、その日は1試合限定で開催される(第28節のその他9試合は12日から14日にかけて開催)。その後は7月19日のシーズン終了を目標に掲げており、約40日間で残り11節分のゲームを消化していく。各クラブは3、4日に一度のペースで試合を行うが、リーグ戦はしばらく毎日のように開催され、すべてテレビ放送される予定だ。そのため、今季から廃止となっていた月曜開催も復活する。連日連夜、試合が見られるとあって、リーガファンはしばらく寝不足な日々を過ごすかもしれない。

■無観客、交代枠5人、異なる本拠地…

2017年10月に無観客で行われたバルセロナ対ラス・パルマスでは、カンプ・ノウは異様な雰囲気に包まれた [写真]=©WOWOW


 リーグ再開は喜ぶべきことだが、我々はいつもと異なる光景を目の当たりにするだろう。試合は無観客での開催となり、ゴールセレブレーションも控え目にすることが通達されている。その分、迫力に欠けるかもしれないが、あまり耳にすることのない選手や監督の声、またボールを蹴る音が聞こえてくるはずだ。なおレアル・マドリードとレバンテは本拠地の改修工事のため、通常とは異なるスタジアムをホームゲームで使用する。前者はBチームの本拠地である「アルフレド・ディ・ステファノ」、後者は3部所属のラ・ヌシアの本拠地「カミーロ・カノ」でそれぞれのホームゲームを戦う。見慣れないピッチでのプレーも新鮮味があるだろう。また、交代枠が2人増えて各チーム最大5名になるのも大きな変更点だ。交代のタイミングは試合中に3回と、ハーフタイム中の1回に限られるが、これまで以上にベンチワークが重要になってくる。監督の采配が結果に与える影響はこれまで以上に大きくなるはずで、“ジョーカー”がこれまで以上に脚光を浴びるかもしれない。

 WOWOWはラ・リーガを毎節最大5試合を生中継。毎週開催されるリーグ戦をもれなく視聴することができる。優勝争いやCL出場権争い、さらには日本人選手の活躍まで、見どころ盛りだくさんのラ・リーガをWOWOWで楽しもう。

(記事/Footmedia)

<WOWOW番組情報>

★『スペインサッカー ラ・リーガ』毎節最大5試合生中継!
【第28節】
「セビージャvsベティス」 6/12(金)午前4:45~[WOWOWライブ]※生中継
「バレンシアvsレバンテ」 6/13(土)午前4:45~[WOWOWライブ]※生中継
「マジョルカvsバルセロナ」 6/14(日)午前4:45~[WOWOWプライム]※生中継
「アスレティック・ビルバオvsアトレティコ・マドリード」 6/14(日)夜8:55~[WOWOWライブ]
「レアル・マドリードvsエイバル」 6/14(日)深夜2:15~[WOWOWライブ]※生中継

★『スペインサッカー ラ・リーガ2部』毎節最大3試合 放送・配信!
【第32節】
「マラガvsウエスカ」 6/12(金)深夜2:15~[WOWOWライブ]※生中継
「サラゴサvsアルコルコン」 6/14(日)午前4:20~[WOWOWメンバーズオンデマンド]※ライブ配信
「デポルティーボ・ラ・コルーニャvsスポルティング・ヒホン」 6/14(日)夜11:50~[WOWOWメンバーズオンデマンド]※ライブ配信

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA