FOLLOW US

バルセロナ、選手5人が新型コロナに感染していた? リーグは否定

6月11日のリーグ再開に向けて練習を再開しているバルセロナ [写真]=Getty Images

 アルゼンチン大手メディア『Olé』は、カタルーニャのラジオ局『RAC1』の番組『Tú Dirás』で伝えられた情報として、バルセロナの選手5人とコーチングスタッフ2人が、新型コロナウイルス感染拡大の初期段階でウイルスに感染していたと伝えている。

 同メディアによると、感染者はいずれも無症状ですでに回復しており、チーム練習に合流しているという。

 練習再開当初、クラブ内では感染した選手がケガをしないように細心の注意を払っていたが、現在は実際の試合でプレーした際のパフォーマンスにどのような影響が出るか、という点に関心が移っているようだ。ラジオ番組に出演したジャーナリストの1人は、次のように語っている。

「専門家たちは新型コロナウイルス感染がどのような形で影響するのかを知りたがっている。無症状の感染者と、パウロ・ディバラのように呼吸困難などの症状を訴えた感染者の間に差異はあるのか、という点について関心を示しているようだ」

 ただし、『Olé』がラ・リーガに確認したところ「そのような事実はない」という返答があったという。これらはあくまでラジオ番組で語られた内容であり、バルセロナ側からも公式リリースは出されていない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA