FOLLOW US

「11のファイナルが残っている」…L・バスケス、逆転でのリーグ制覇へ意気込みを語る

レアル・マドリードに所属するL・バスケス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表FWルーカス・バスケスが、リーグ戦について言及した。1日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 新型コロナウイルスによる約2ヶ月の中断を経て、今月11日にいよいよ再開するリーガ・エスパニョーラ。残る今シーズンの試合数は11試合で、レアル・マドリードは首位バルセロナに勝ち点差2をつけられ2位につけている。今回クラブのメディアに登場したL・バスケスは、逆転でのリーグ制覇へ決意を口にしている。

「11のファイナルが残っている。僕たちはそう捉えているんだ。レアル・マドリードには11勝を成し遂げる力がある。上手くいけばリーガ・エスパニョーラの優勝を果たせると信じているよ」

「1日は、サッカーが中断する前のような完全なチームトレーニングを行なった。チームメイトと共に、心も体も可能な限り追い込めていると思う。きっと我々は、とても良好なコンディションで再開を迎えられるだろうね」

 レアル・マドリードは14日、リーグ戦再開後の初戦としてMF乾貴士が所属するエイバルと対戦する。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA