FOLLOW US

コウチーニョにインテル復帰の可能性浮上も…バルサ指揮官は慰留が前提か「彼のプレーが好きだ」

かつてインテルに所属していたコウチーニョ [写真]=Getty Images

 バルセロナのキケ・セティエン監督は来シーズン、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョと共に戦いたいと考えているようだ。27日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 今シーズン開幕前にバイエルンへ期限付き移籍を果たしたコウチーニョは、来シーズンにはバルセロナに戻ると見られている。そして今回の報道によると、同選手は今後、移籍金1億1100万ユーロ(約131億円)のインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのトレード要員として、交渉に加えれられる可能性があるようだ。

 しかし、取材に応じたセティエン監督はコウチーニョについて「彼は素晴らしい選手で、私は彼のプレーが好きだ。原則として来シーズンはバルセロナの選手だろうから、我々と一緒にいることを期待している。もちろん、本人の考えも踏まえてしっかり話し合う必要があるけどね」とコメント。あくまで、コウチーニョをバルセロナの選手としてチームに迎え入れたい意向のようだ。

 2010年からインテルで3シーズンを過ごしたコウチーニョだが、果たして今後イタリアへ復帰することになるのだろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA