FOLLOW US

レアル、23億円を払わずレヴァンドフスキを逃していた? ドルトムントから移籍時の秘話

バイエルンに所属するレバンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、過去にレアル・マドリードへ移籍する可能性があったようだ。26日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 2010年からドルトムントに所属していたレヴァンドフスキは、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリードを相手に4得点を記録するなど、世界的なストライカーとして頭角を現した。そして数々のビッグクラブが注目する中で2014年の7月にバイエルンへ移籍し、現在に至る。

 しかし今回の報道によると、2014年の夏にレアル・マドリードも同選手の獲得に近づいていたようだ。当時レヴァンドフスキの代理人は、同クラブに対して2000万ユーロ(約23億円)を支払うという条項を選択肢として提示しており、この金額が動けば選手はマドリードへ移るという状況だったという。ただ、フロレンティーノ・ペレス会長がこの支払いを却下。結果的に、レヴァンドフスキはバイエルンへ新天地を求めた。

 ここまでバイエルンでの公式戦277試合で232得点を記録しているレヴァンドフスキだが、あの時2000万ユーロが動いていたら……。もしかしたら今頃は、レアル・マドリードでプレーしていたのかもしれない。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA