FOLLOW US

「審判の90%がレアルファン」スペイン元審判の発言に物議…公平性に波紋広がる

ゴンサレス氏は、度々「エル・クラシコ」でも主審を務めてきた [写真]=Getty Images

 1998年から2012年まで国際審判員として活躍したイトゥラルデ・ゴンサレス氏は、スペインの審判の90パーセントがレアル・マドリードのファンであると述べた。21日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 ゴンサレス氏の証言は、サッカー界に波紋を呼びかねないものだった。『カデナ・セール』の番組「El Larguero」に出演した同氏は、スペインの審判のレアルファン・バルセロナファンの割合を聞かれると、こう答えた。

「レアルが90パーセント、バルセロナは10パーセントだ」

「(あなたはそのどちらに属していましたか? という問いに)どちらでもない。私はバスク自治州出身で、アスレティック・ビルバオのファンだ。現役で試合をさばいていた時だって、みんな私がビルバオファンであることを知っていたよ」

「スペインの人口の70パーセント程度がレアルを好いている。カタルーニャを除いてね。ジョゼップ・グアルディオラ監督が黄金期をもたらしたことで、最近はバルセロナを支持する若者も増えている。でも、リオネル・メッシが華々しくデビューする前は、レアルのファンが圧倒していた」

 もちろん、審判はプロとしてホイッスルを吹くのが大原則だ。しかし、その審判に明確な“お気に入り”のチームが存在し、そのお気に入りの大半がレアルであることを明かしたゴンサレス氏の発言は、大きな物議をかもしている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA