FOLLOW US

レアルが22日ぶりの“全員集合”…ジダン監督、選手25名をオンライン招集

レアル・マドリードの全選手がオンラインで集合 [写真]=Anadolu Agency via Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が4月3日、トップチームに所属する25人の選手を“招集”し、ミーティングを行った。

 と言っても、実際にトレーニング施設に集合したわけではない。スペイン紙『アス』によると、ジダン監督はビデオ通話で各選手とコンタクトを取り、オンラインで一堂に集めてミーティングを行ったという。

 レアル・マドリードは3月12日、バスケットボールチームに新型コロナウイルスの感染者が出たため、施設を供用しているサッカーチームの選手、スタッフも全員が自宅隔離を余儀なくされることになった。

 ジダン監督は選手個々、あるいは複数人のグループとはスマホのアプリを使って頻繁にコンタクトを取っていたそうだが、全選手といっせいに通話するのは22日ぶりのこと。ジダン監督の主導で今回のミーティングが実現したという。

 自宅から出られない生活を送っている選手たちからは、リーグ戦がいつ再開されるか、通常どおりのトレーニングがいつから始められるか不透明な状況を考慮してかサッカーの話題はほとんど出ず、家族の話をしたり、冗談を言い合ったりしてリフレッシュに努めたようだ。

 もっとも、選手同士はスマホでやり取りをしたり、『FIFA』や『フォートナイト』といったゲームで対戦したりと、オンラインでコミュニケーションを取り続けているという。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA