FOLLOW US

香川真司、30日まで自宅待機も「意外とストレスではない」…好きな選手や芸人も明かす

レアル・サラゴサに所属する香川真司 [写真]=ムツ カワモリ

 レアル・サラゴサに所属するMF香川真司が21日、在籍している株式会社UDN SPORTS(@udnsports)のインスタライブに登場し、自身の近況報告や視聴者からの質問に答えた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で各国リーグが中断となり、多くのスポーツ大会が延期になっている。この状況を受けて、UDN SPORTSは所属選手の近況を伝えるとともに、ファンやサポーターと交流できる場を設けるためにインスタライブを配信。21日は香川と原口元気(ハノーファー)に加え、バドミントンの桃田賢斗と陸上の橋岡優輝が出演した。

 香川は近況について、「自宅待機になってちょうど1週間かな。さらに今から2週間、最低でも(今月の)30日まで自宅待機なので、家でトレーニングしたりして生活しています」と話し、「外の空気はベランダで吸えるから、そこでリラックスしたり。サラゴサとかスペインは天気が良くて、朝とかは気持ちいいし、そこまで意外とストレスにはなっていないかな。(普段も)基本的には家にいるから、練習場が家になっただけで、それ以外の生活はあまり変わっていない」と明かした。

 好きな現役選手を問われると、「なんだかんだYouTubeとかで映像を見るのは断トツでメッシが多いよね。メッシとか、イニエスタ、シャビとか」とコメント。「ただただ見ていて美しいし、すごい。これを参考にしようって考えもあるけど、どっちかというとすごいなって思いながら見ている」と話した。

 つらいときの対処法については、「試合でうまくいかなかったときは、切り替える意味でも芸人さんの番組を見ている」と明かし、「芸人はすごいよなって。めちゃめちゃ尊敬していますね」とコメント。お気に入りの芸人には「ジャルジャル」を挙げて、「岡ちゃん(岡崎慎司)とあげたJFAの動画はジャルジャルをイメージしていた」と明かした。

 また、先に出演した橋岡選手からの「一番良かった国はどこですか?」との質問には「スペイン」と返答。「実際に住んでみて、天気も食事もそうですし、スタジアムの雰囲気もいいので、サッカー選手としてやりがいも感じます。ファンは細かいプレーとか技術のあるちょっとしたプレーにも反応してくれるので、それは一番感じます。イングランド、ドイツ、トルコでやってきたけど、スペインのほうがテクニック的なところでプレーしたときにファンの声援を感じますね」

 そして最後に、「今コロナウイルスの影響で、非常に難しい状況ではありますし、いろいろなストレスはあると思いますけど、まずは感染予防。手洗い、うがいを含めて徹底してほしいです。日本よりスペインのほうが感染者が増えている状況なので、僕もしっかり自己管理を徹底しながら、家での時間が多いと思うけど、家でやれることだったり、こういう時間を楽しんでほしい」と視聴者にメッセージ。

 続けて「またリーグが再開することを頭にいれながら、いい準備をしてパワーアップして、また次の試合に新しい気持ちで取り組めると思うので、これをいい流れに変えてやっていきたいと思います」と意気込んだ。

 UDN SPORTSのインスタライブは22日にも配信される予定で、19時から酒井高徳(ヴィッセル神戸)、三好康児(アントワープ)、山口蛍(神戸)、清武弘嗣(セレッソ大阪)が出演する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA