FOLLOW US

バルサ公式SNSが世界的ハッカー集団の餌食に…「ネイマールがバルサに戻ってくる」

アカウント乗っ取り被害にあったバルセロナ [写真]= Getty Images

 バルセロナは15日、クラブ公式ツイッターが一時的にハッキング被害にあったことを報告した。

 バルセロナは15日にリーガ・エスパニョーラ第24節でヘタフェとホームで対戦。フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとスペイン代表DFセルジ・ロベルトのゴールにより、バルセロナは上位対決を2-1で制した。

 ヘタフェ戦後、バルセロナの公式ツイッターが世界的ハッカー集団『OurMine』に乗っ取られた模様だ。スペイン紙『マルカ』によると、バルセロナ公式ツイッターには、『OurMine』により次のようなツイートが投稿されたという。

「我々はOurMineです。これは2回目のハッキングです。セキュリティは優れていますが、最高のセキュリティとは言えないですね。アカウントのセキュリティを改善したいならば、お問い合わせください」

 またその後、「我々はいくつかのプライベートメッセージを読ませていただきましたが、ネイマールがバルセロナに戻ってくるようです」と、PSGに所属するブラジル代表FWネイマールに関するツイートが投稿された模様だ。

 サウジアラビアを拠点とするハッカー集団『OurMine』は、過去にもFacebook創設者のマーク・ザッカーバーグ氏や、ツイッター社の現CEOジャック・ドーシー氏のアカウントをハッキングするなど、数々の著名人をターゲットにハッキングを続けている。

 バルセロナの公式ツイッターは現在復旧し、「我々のアカウントが乗っ取られていたため、クラブ外からのメッセージが表示されました。この件を報告して、投稿は削除しました」と明かし、「今後はこのようなことがないように改善し、メンバーやファンに最高のサービスを保証します。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」とコメントを残した。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA