FOLLOW US

モラタ、古巣とのダービーを終えSNSを更新「アトレティコを誇りに思う」

A・マドリードに所属するモラタ [写真]=Getty Images

 スペイン代表FWアルバロ・モラタが自身のSNSを更新し、所属するアトレティコ・マドリードについての思いを語った。

 モラタは、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節レアル・マドリード戦に先発出場し、50分までプレーした。同試合ではなかなかサポーターからの期待に応えられず、ブーイングを浴びるシーンもあったが、モラタ自身はあまり気落ちしていないようだ。試合後、自身のSNSにスペイン語で前向きなメッセージを投稿した。

「このクラブに所属していることを誇りに思う。そしてまた『インディオ(アトレティコ・マドリードの選手やサポーター』)を誇りに思う。今日は、かつてないほどにね」

 モラタにはこれまで合計6シーズン、レアル・マドリードのトップチームでプレーしてきた過去があるが、今回の“マドリード・ダービー”を終えて現在所属するアトレティコ・マドリードへの思いを強めたのかもしれない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO