FOLLOW US

香川真司が“日本人対決”で地元メディアが選ぶMOMに選出!「ベストに復活したことを意味する」

香川はメディアが選ぶMOMに選ばれた [写真]=Getty Images

 スペインメディア『Sportaragon』が、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)3回戦のレアル・サラゴサ対マジョルカの試合における、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に日本代表MF香川真司が選ばれたことを発表した。

 試合はリーガ・エスパニョーラ2部のレアル・サラゴサが1部のマジョルカを圧倒し、3-1で快勝を収めた。香川は先発フル出場し、1アシストを記録。前半にはゴール正面からのFKがクロスバーを直撃するなど、抜群の存在感を放った。マジョルカの日本代表MF久保建英との日本人対決は、大先輩に軍配が上がる形となった。

 同メディアは「シーズンにおける最高のパフォーマンスを示した。通常よりも相手にとって有害な存在であり、そこにはパフォーマンスを向上させるきっかけが見えた」と太鼓判を押している。

 
 「日本は太陽が登る国だ。この試合がレアル・サラゴサにとって夏に獲得したスターがベストパフォーマンスに復活したことを意味するかもしれない。彼はサッカーに別れを告げるためにサラゴサにきたわけではないことを証明した」と、同メディアは完全復活を宣言している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA