2019.12.04

ベイル、サポーターから浴びたブーイングに言及「自分の行動を反省している」

レアル・マドリードに所属するベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、マドリードのサポーターについて語った。4日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

 ベイルは先日の代表戦で「ウェールズ、ゴルフ、マドリード」と自身の優先順位を示すようなパフォーマンスを見せ、後日のリーグ戦で味方のサポーターからブーイングを浴びた。取材に応じた同選手はこの件について、以下のように語っている。

「初めてブーイングを耳にした時、ショックだったね。自分自身、どう対処したらいいか全く分からなかったよ」

「今はただただ、自分の行動を反省している。とにかく一生懸命プレーして、僕ができることをサポーターに証明しなければならないね。そうすればきっと、ブーイングは止んでくれるはずだ」

 またベイルは、ジョゼ・モウリーニョ新監督を迎えた自身の古巣トッテナムについても言及した。

「モウリーニョはクラブから素晴らしい声明を発表したね。トロフィーの獲得を目指すトッテナムに相応わしい監督だと思う。良いパートナーシップを感じるよ」

 

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング