2019.12.01

グリーズマンの他には? バルセロナとアトレティコの両クラブでプレーした選手たち

グリーズマン
グリーズマンが古巣戦に臨む [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 12月1日に行われるリーガ・エスパニョーラ第15節では、アトレティコ・マドリードとバルセロナが激突する。


 大一番でひときわ注目を浴びるのは、アントワーヌ・グリーズマンだろう。今夏、アトレティコ・マドリードからバルセロナへ移籍したフランス代表FWにとって、初の古巣戦となる。しかも戦いの舞台となるのは、昨シーズンまで“ホーム”だった『ワンダ・メトロポリターノ』だ。

 試合当日、古巣のファンはどんな反応を示すのか。そしてグリーズマンはピッチ上でどんなパフォーマンスを披露するのか。興味は尽きないが、今回はグリーズマンのように両チームのユニフォームに袖を通した選手を7名ピックアップしてみた。Jリーグでプレーするあの大物選手から、意外なレジェンドまで一気に紹介しよう。

■ダビド・ビジャ

[写真]=Getty Images


生年月日:1981年12月3日(37歳)
国籍:スペイン
ポジション:FW

バルセロナ在籍:2010年7月~2013年7月
アトレティコ・マドリード在籍:2013年7月~2014年6月

両クラブでプレーした選手として、まず名前が挙がるのがヴィッセル神戸に所属するビジャだろう。2010年夏にバレンシアからバルセロナに加入すると、盟友アンドレス・イニエスタらとともに数々のタイトルを獲得した。中でも2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で決めたゴールは本人もお気に入りの一発だ。そして2013年に、アトレティコへ移籍。その夏にモナコへ移籍したラダメル・ファルカオの後釜として加わると、18年ぶりのリーグ制覇に貢献した。優勝を決めたバルセロナとの最終節では、敵としてカンプ・ノウに凱旋。無得点に終わったが、古巣のファンからも大きな拍手を受けた。

■アルダ・トゥラン

[写真]=Getty Images


生年月日:1987年1月30日(32歳)
国籍:トルコ
ポジション:MF

アトレティコ・マドリード在籍:2011年8月~2015年7月
バルセロナ在籍:2015年7月~
*現在はイスタンブール・バシャクシェヒルにローン中

2011年夏にガタラサライからアトレティコに加入すると、2012-13シーズンからは“背番号10”として活躍。しかし、バルセロナ戦では、出場13試合で5分け8敗と一度も勝てなかった。2015年にバルセロナへ移籍。しかし、FIFAによる選手登録禁止処分の影響で半年遅れのデビューを飾ると、新たなスタイルに馴染むことができず、昨年1月からは母国に戻ってプレーしている。

■チアゴ・モッタ

[写真]=Getty Images


生年月日:1982年8月28日(37歳)
国籍:イタリア/ブラジル
ポジション:MF

バルセロナ在籍:1999年7月~2007年8月
アトレティコ・マドリード在籍:2007年8月~2008年6月

現在、ジェノアを率いるモッタ監督は17歳でバルセロナと契約し、2001年にトップチームデビュー。2005-06シーズンには、リーガとチャンピンズリーグの2冠を経験した。しかし、当時から度重なるケガに悩まされ、2007年夏に移籍したアトレティコでも公式戦10試合の出場に留まり、1年での退団を余儀なくされた。

■ルイス・ガルシア

[写真]=Getty Images


生年月日:1978年6月24日(41歳)
国籍:スペイン
ポジション:MF/FW

バルセロナ在籍:~2002年6月、2003年7月~2004年6月
アトレティコ・マドリード在籍:2002年7月~2003年6月、2007年7月~2009年8月

現役時代に、技巧派のレフティーとしてリヴァプールでも活躍したルイス・ガルシア氏。下部組織時代から在籍したバルセロナでは約40試合、アトレティコでは100試合以上に出場した。現在はラ・リーガのアンバサダーを務めており、一昨年、そして昨年と、2年連続で来日。日本のリーガファンにはお馴染みの存在だ。

■シモン・サブローザ

[写真]=Getty Images


生年月日:1979年10月31日(40歳)
国籍:ポルトガル
ポジション:MF/FW

バルセロナ在籍:1999年7月~2001年7月
アトレティコ・マドリード在籍:2007年7月~2010年12月

1999年から2年間在籍したバルセロナでは、同胞の先輩ルイス・フィーゴの後継者として注目を集めたものの、真価を発揮することはできず、母国へのUターンを強いられた。しかし2度目のスペイン挑戦となったアトレティコでは、一時キャプテンを務めるなど成長した姿を披露。2010年2月のバルセロナ戦では、リーグ開幕21試合無敗を続けていた古巣相手に決勝ゴールを決めて金星の立役者となった。

■デメトリオ・アルベルティーニ

[写真]=Getty Images


生年月日:1971年8月23日(48歳)
国籍:イタリア
ポジション:MF

アトレティコ・マドリード在籍:2002年7月~2003年6月
バルセロナ在籍:2005年1月~6月

イタリア稀代の司令塔は、2002年夏にミランからの1年レンタルでアトレティコに加入。すると9月1日のバルセロナ戦でリーガデビューを果たした。その2年半後には、バルセロナと短期契約を締結。ホームデビュー戦の相手は、奇しくも古巣アトレティコだった。スペインでは1年半しかプレーしなかったが、アトレティコではフェルナンド・トーレスと、バルセロナではイニエスタとともにプレーしている。

■フリオ・サリナス

生年月日:1962年9月11日(57歳)
国籍:スペイン
ポジション:FW

アトレティコ・マドリード在籍:1986年~1988年
バルセロナ在籍:1988年~1994年

1997年から1998年まで横浜マリノス(現F・マリノス)でもプレーしたサリナス氏も、アトレティコとバルセロナの両クラブに在籍した一人。6年間在籍したバルセロナでは、故ヨハン・クライフ氏が率いる“ドリームチーム”の一員として数々のタイトル獲得に貢献した。浦和レッズOBで、現在マンチェスター・Cのフットボール・ディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏は、バルセロナ時代の元同僚であり、Jリーグでは敵同士として対戦している。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング