2019.12.01

久保建英はフル出場で好機演出や惜しいミドルも…マジョルカ、反撃実らず連敗

久保建英
マジョルカに所属する久保建英(写真は10月のレガネス戦)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第15節が11月30日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するマジョルカとベティスが対戦した。久保は4試合連続のスタメンで、2試合連続のフル出場。チャンス演出や惜しいシュートで存在感を放ったが、得点には絡めなかった。


 試合は開始7分、ナビル・フェキルがエリア内で倒されてPKを獲得すると、これをホアキン・サンチェスがゴール左隅に沈めて、ベティスが先制。さらに33分にはカウンターでフェキルがドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア前で左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺して追加点を挙げた。

 2点ビハインドで折り返したマジョルカは53分、ダニ・ロドリゲスがエリア内でファールを受けてPKを獲得。55分にキッカーのラーゴ・ジュニアがゴール左を狙うと、相手GKジョエル・ロブレスの手を弾いてネットを揺らした。

 1点を返したマジョルカは60分、久保がエリア左から折り返すと、DFに当たったこぼれ球をアンテ・ブディミルがダイレクトで叩くが、相手GKジョエルの好セーブに遭う。直後の61分にも、久保が相手4人に囲まれた狭いスペースを突破してエリア左へ。そこでスイッチしたラーゴが折り返し、D・ロドリゲスがダイレクトで右足を振り抜いたが、これもDFのブロックに阻まれた。

 さらに75分、久保がドリブルで持ち上がってエリア内へラストパス。そこへ走り込んだラーゴが触ったが、ボールはそのままGKにキャッチされた。85分には、パブロ・チャバリアがエリア右へ抜け出して折り返すと、ファーのラーゴが合わせるが、シュートはGKのファインセーブに阻まれた。直後の86分には久保がエリア前中央から左足を振り抜くと、相手DFに当たったシュートは再びGKの好守に防がれた。

 反撃に出ていたマジョルカだが、後半アディショナルタイム1分にルーマー・アグベニューが2枚目のイエローカードを受けて退場。このまま反撃は実らず、1-2で敗れて2連敗を喫した。

 次節、マジョルカは12月7日にアウェイでバルセロナと、ベティスは同8日にホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
マジョルカ 1-2 ベティス

【得点者】
0-1 7分 ホアキン・サンチェス(PK/ベティス)
0-2 33分 ナビル・フェキル(ベティス)
1-2 55分 ラーゴ・ジュニア(PK/マジョルカ)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング