2019.11.23

シャビ、14歳から光っていた抜群センス…バルサ下部時代のコーチ評価レポートが証明

シャビ
1998〜2015年までバルセロナでプレーしたシャビ氏 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナやスペイン代表のレジェンドであるシャビ氏は14歳のときから、すでに卓越した存在だったようだ。

 スペイン紙『マルカ』が22日、シャビ氏の14歳の頃のスカウティングレポートを公開。レポートはクリスティアン・マーティン氏の新書『ラ・マシア』に掲載されたもので、下部組織「ラ・マシア」時代にコーチたちが14歳のシャビ少年の評価を記したものだという。

 レポートによると、シャビ氏が当時からボールコントロールやポジショニングにおいて抜群のセンスを光らせていたようだ。その一方で、左足の精度やスピード不足が課題と記されており、シュートに関しては、同じくラ・マシア出身の”先輩”ジョゼップ・グアルディオラ氏(現マンチェスター・C指揮官)との類似も指摘されている。

 公開されたレポートの一部は以下のとおり。

▼スピード
「平均。アジリティや動きのスピードを改善すべき」
▼コントロール
「素晴らしい。スピード不足を素晴らしいボールコントロールで補っている」
▼パス
「とてもよい。彼の持つクオリティをより生かすには左足を改善すべき」
▼クロス
「良い。ただ、このスキルをあまり見せる必要はないが」
▼シュート
「まずまず。攻撃参加のためにより改善すべき。(ジョゼップ・)グアルディオラと同じだ」
▼ボールありのランニング
「とてもよい。ボール保持のセンスがいい。ほとんど失うことがない」
▼ドリブル
「よい。ドリブルを選ぶことはあまりないが、いいテクニックを持っている」
▼ポジショニング
「素晴らしい。間違いなく彼のベストクオリティ。彼はいつもいるべき場所にいて、常にチームメイトにサポートとパスの選択肢を与えている」
▼積極性
「平均。彼には優れたテクニカルなスタイルがあるため、ときに判断が難しい」

 現在39歳のシャビ氏は、当時11歳の1991年にバルセロナの下部組織「ラ・マシア」に入団した。1998年に18歳でトップデビューを飾ると、その後は17シーズンにわたって活躍してクラブ歴代最多の公式戦767試合出場を記録。チャンピオンズリーグ制覇4回、リーガ・エスパニョーラ優勝8回など、数多くのタイトルを獲得した。スペイン代表でも2000年にデビューを飾り、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカを制したほか、ユーロ連覇(2008、2012)など輝かしいキャリアを築いた。2015年夏にバルセロナを退団してカタールのアル・サッドに移籍。4シーズン戦い、今夏に現役引退を表明すると、そのままアル・サッドで監督業をスタートさせた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング