2019.11.21

今週解任されたばかりの元トッテナム指揮官に強豪クラブからオファーか…バルセロナも興味示す

マウリシオ・ポチェッティーノ
バルセロナが招聘に興味を示しているマウリシオ・ポチェッティーノ氏[写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏に対してバルセロナが招聘に動く可能性があるという。21日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 5シーズン監督を務めたトッテナムを解任されたばかりのポチェッティーノ氏だが、早くも欧州各国の強豪クラブが招聘に興味を示していると同紙は伝えている。

 中でもバルセロナが興味深いオファーをポチェッティーノ氏に提示する可能性があるとのこと。バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が思った成果を残せていないことから、監督交代を求める周辺の声が高まっているという。その声を沈めるため、バルセロナは監督交代に踏み切り、実績のあるポチェッティーノ氏を招聘することで事態を収集する狙いがあると同紙は予測している。

 ポチェッティーノ氏に対しては、バルセロナのほかバイエルンも招聘に興味を示していると同紙は伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る