2019.11.19

プレミアのクラブから触手も…バルサ、安価でのラキティッチ放出を望まず

イヴァン・ラキティッチ
去就が注目を集めるバルセロナのMFラキティッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは、同クラブに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチを安価な移籍金で売却するつもりはないようだ。スペイン紙『アス』が17日に伝えている。


 今シーズンのリーガ・エスパニョーラで7試合に出場しているラキティッチ。しかし、ブラジル代表MFアルトゥールやオランダ代表MFフランキー・デ・ヨングの台頭により、先発出場はわずかに1回と出場機会が限られている。

 今回の報道によると、ラキティッチには複数のクラブが興味を示している模様。とあるプレミアリーグのクラブが移籍金1500万ユーロ(約18億円)で獲得を打診したものの、バルセロナ側から断りを入れられたという。同クラブはラキティッチに3500万ユーロ(約42億円)の価値があると考えており、安価での放出は考えていないようだ。

 また、ラキティッチにはアトレティコ・マドリードだけではなく、ユヴェントスやインテルも関心を持っていると言う。果たして、同選手の新天地はどこになるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る