2019.11.16

渦中のベイルが本音を吐露? 「レアルよりウェールズ代表でプレーする方が…」

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2020予選アゼルバイジャン戦の前日記者会見に登壇したウェールズ代表のギャレス・ベイルが、レアル・マドリードでプレーする時とウェールズ代表でプレーする時の心境の違いを語った。『MARCA』電子版などが伝えている。


「日曜日の公園でボールを蹴る感覚」

「レアル・マドリードでプレーするより、ウェールズ代表でプレーする時の方が感動が大きいのは間違いない」

 記者会見でそう語ったベイルは、その理由についても説明している。

「チームメートの大半は17歳の時から知っているし、日曜日の公園で楽しくボールを蹴るような感覚でプレーできる。母国語でコミュニケーションを取ることができるから、より快適だよ」

 ベイルは10月の代表戦で負傷し、レアル・マドリードでは公式戦6試合連続で欠場中だったが、クラブでの復帰を果たしていないにも関わらず今回、代表に招集され物議を呼んでいた。「今週末にクラブでの試合があれば、100パーセント準備ができた状態でそこに臨めていた。それがたまたま代表での試合になっただけだ」とも弁明しているが、ジネディーヌ・ジダン監督との関係が悪化しているとも言われているだけに、上記の発言はさらに波紋を呼びそうだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング