2019.10.23

延期となった今シーズン最初の“クラシコ”、代替日が12月18日に決定!

バルセロナ、レアル・マドリード
12月18日に激突するバルセロナとレアル・マドリード(写真は昨季のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 カタルーニャ州の治安の不安により延期となったバルセロナとレアル・マドリードの一戦が、12月18日に開催されることが決まった。スペインサッカー連盟(RFEF)が23日に発表した。


 バルセロナとレアル・マドリードによる今シーズン最初の“エル・クラシコ”は、26日にバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウで開催が予定されていた。しかし、カタルーニャ州で市民による大規模なデモが発生しており、18日に試合の延期が発表されていた。

 なお、バルセロナはリーガ・エスパニョーラの9試合を終え、6勝1分け2敗で1位。一方のレアル・マドリードは5勝3分け1敗で2位につけている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング