2019.09.22

バルサFWスアレス、グラナダ戦の敗戦を受けコメント「試練の時を迎えている」

バルセロナに所属するスアレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、チームの現状について言及した。21日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。


 21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節で、バルセロナグラナダを相手に0ー2で敗れた。同試合でフル出場したスアレスは試合後の取材に応じ、以下のようにコメントしている。

「痛い敗戦だ。僕たちには改善しなければならないことが多くあるから、しっかり反省しなければならないよ。僕たちはボールを保持していたけど、得点することができなかったんだ。何が起こっていたのか、これからしっかり分析する必要があるね」

「また、アウェイでのパフォーマンスを見直す必要もある。ホームと比べると明らかにチャンスが減っているんだ。シーズンはまだ長いけど、タイトルを獲るためにはひとつひとつの積み重ねが重要だから、もっとしっかりプレーしなければならない。今シーズンは試練の時を迎えていると思うよ」

 これでバルセロナは、5試合を終えて2勝1分2敗という成績になった。昨シーズンの王者は、これから巻き返しを見せることができるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
バルセロナ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング