2019.09.20

ネイマール獲得に備え軍資金調達? バルサ、1月に主力3選手らを売却予定

バルセロナ
バルセロナは主力3選手らの売却を図るようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは1月の移籍市場で主力3選手らの売却を図っているようだ。20日にスペイン紙『マルカ』が報じた。


 同クラブは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得に本腰を入れていた。同選手の復帰を熱望しているバルセロナは、来夏の移籍市場で再び交渉を持ちかけるという。

 交渉成立に向けて巨額な移籍金が必要となることが予想されるため、同クラブは今冬の移籍市場で主力選手らの売却を図っている模様だ。クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチやチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、そしてフランス代表DFサミュエル・ユムティティを積極的に他クラブへと売り込むと伝えられている。

 クラブを率いるエルネスト・バルベルデ監督も選手層の厚さには満足していることから、主力選手の退団に懸念を抱いていないという。果たしてネイマールのバルセロナ復帰は実現するのであろうか。サッカー界から多くの注目が集められていること間違いなしだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング