2019.09.12

ピッチ外でも大きな存在感…久保建英の市場価値が急騰! 現在は約12億円の価値

市場価値が急騰している久保 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マジョルカに所属している日本代表MF久保建英の市場価値が、上昇の一途をたどっている模様だ。11日、スペインのスポーツ紙『アス』が報じている。

 今夏にレアル・マドリードへと電撃移籍を果たした久保。プレシーズンでも印象的な活躍を見せ、ジネディーヌ・ジダン監督にアピールを続けてきたが、今シーズンのトップチーム入りは実現しなかった。リーガ・エスパニョーラでのプレー経験を積むため、久保はマジョルカへの期限付き移籍を決断。2020年6月30日まで同クラブでプレーする。

 久保の市場価値は、短期間で飛躍的に上昇しているようだ。6月27日時点で、久保の市場価値は200万ユーロ(約2億4000万円)であったのに対し、現在は1000万ユーロ(約12億円)までつり上がっている。

 先日久保は、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選を戦う日本代表において、アジア予選の最年少出場記録を更新している。快進撃を続ける久保は、市場においても大きな存在感を示した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング