FOLLOW US

アトレティコ、バルサ移籍のグリーズマンを巡り声明発表「違約金が不十分」

グリーズマンを巡るクラブ間の問題は解決していない模様だ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードバルセロナへ移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの契約解除金について公式に声明を発表した。

 バルセロナは、グリーズマンの加入が決定したことをクラブの公式サイトで発表していた。長く続いた騒動に終止符が打たれたかと思われたが、まだ混乱は終わらないようだ。

 グリーズマンとアトレティコ・マドリードの契約には、契約解除金2億ユーロ(約243億円)、7月1日以降は1億2000万ユーロ(約150億円)が設定されている。バルセロナは今回、1億2000万ユーロ(約150億円)を支払い、グリーズマンを獲得したが、アトレティコ・マドリードは金額が不足していると考えているようだ。

 アトレティコ・マドリードは今回、グリーズマンを巡るバルセロナとのオペレーションについて以下のようにコメントを発表した。

アントワーヌ・グリーズマンは、弁護士とともに、プロフットボールリーグ本部でアトレティコ・マドリードとの契約を解除しバルセロナと契約を結びました。しかし、同選手とバルセロナが合意に至ったのは、契約解除金が2億ユーロから1億2000万ユーロに引き下げられる前であったことは明白であり、契約解除金が不十分であると当クラブは考えています」

「また、条項が変わる5月14日より前に選手はクラブからの離脱を発表しています。この選手の行動から、当クラブは、昨シーズン終了前に契約解除が行われたと考えており、正当な権利とクラブ利益のため、この件についての手続きを開始しました」

 アトレティコ・マドリードは先日、バルセロナがグリーズマンと3月の時点で合意に達していたとして、怒りの声明を発表していた。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA