FOLLOW US

アトレティコ、エルモソ獲得失敗ならブリント、オタメンディ狙いか

アトレティコが獲得を狙うブリントとオタメンディ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードはエスパニョールのスペイン代表DFマリオ・エルモソの獲得に失敗した場合、アヤックスのオランダ代表DFデイリー・ブリントとマンチェスター・Cのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディの獲得を狙うようだ。24日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 アトレティコは今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンやスペイン人DFフアンフランが退団。また、ブラジル代表DFフェリペ・ルイスの契約は今月末に迫っており、フランス代表DFリュカ・エルナンデスもバイエルンへの移籍が決定していて、アトレティコは新たな守備陣の獲得に迫られている。

 同クラブが狙っているエルモソは現在24歳でレアル・マドリードの下部組織出身。2017年にエスパニョールに移籍し、今シーズンはリーグ戦32試合に出場した。しかしエスパニョールはエルモソとの契約延長を強く望んでいるため、アトレティコは新たに他の選択肢を模索し始めたという。

 ブリントは現在29歳でエルモソと同じくセンターバックと左サイドバックをこなすディフェンダー。今シーズンはチャンピオンズリーグとエールディヴィジでいずれもフル出場を果たし、CLベスト8とリーグ優勝に貢献している。

 また、現在31歳のオタメンディは2015年からマンチェスター・Cでプレー。しかし今シーズンはリーグ戦で18試合の出場と、控えに甘んじることが多かった。アトレティコのシメオネ監督は同選手の契約を望んでいるというが、マンチェスター・Cでの高給がネックとなる可能性もあるようだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA