2019.05.15

今夏退団のグリーズマン、バルサが獲得に本腰…移籍に向け交渉開始

グリーズマン
バルセロナはグリーズマンの違約金を支払うようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードを退団することが決定したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得に本腰を入れるようだ。15日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。



 14日に同選手の退団が発表され、昨夏の移籍市場から獲得が噂されていたバルセロナアトレティコ・マドリードと移籍を巡り交渉を開始する模様だ。違約金として設定されている1億800万ポンド(約152億円)の支払いにバルセロナは前向きと報じられており、一方のアトレティコ・マドリードは違約金を下回るオファーは受け入れない姿勢だという。

 バルセロナは今シーズンのチャンピオンズリーグにて、リヴァプールに敗北を喫し大会敗退となった。本格的に攻撃陣の補強を図っている同クラブは、グリーズマンの獲得チャンスを逃さないためにも、慎重に交渉を進めていくようだ。今夏の移籍市場で両者ともに待ち望んでいた“禁断の移籍”は実現するのであろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る