FOLLOW US

アトレティコ、バジャドリード撃破で4連勝! 今季20回目のクリーンシート

今季20回目のクリーンシートをマークしたアトレティコ・マドリード [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第35節が27日に行われ、アトレティコ・マドリードバジャドリードが対戦。アトレティコ・マドリードがホームで1-0の勝利を収めた。

 試合は8分、バジャドリードが素早い攻守の切り替えから、セルジ・グアルディオラがペナルティーアーク付近で左足を振り抜く。しかし、GKヤン・オブラクがセーブ。

 14分、アルバロ・モラタがペナルティエリア左に抜けてコケからボールを受け取ると、ゴール前のアントワーヌ・グリーズマンにパス。グリーズマンはアウトサイドのキックでシュートを放つがゴール右にそれる。

 20分にアトレティコ・マドリードが遠い位置でFKを獲得すると、グリーズマンが直接狙う。しかし、GKがゴール左上に捉えたシュートを外に弾く。前半は共に得点を奪えずスコアレスで折り返した。

 後半に入ると50分、サウール・ニゲスがペナルティエリア外からミドルシュートを撃つがゴール左に飛ぶ。58分には途中出場のアンヘル・コレアがドリブルで仕掛けて右サイドを突破。そのまま中に折り返すが、相手DFに当たり外に弾き出される。

 試合が動いたのは66分、サウールが左サイドをドリブルで駆け上がるとゴール前のグリーズマンを狙ってクロスを供給。DFホアキン・フェルナンデスがヘディングでのクリアを試みるが、ゴール左に吸い込まれてしまいオウンゴールとなる。アトレティコ・マドリードが先制に成功した。

 73分、ステファン・サヴィッチが前線に向けてロングフィードを送ると、グリーズマンがゴール前で受け取るが相手DFがクリア。

 追いつきたいバジャドリードは76分、ナチョ・マルティネスが左サイドから中央にドリブルで運ぶとオスカル・プラノに渡す。オスカル・プラノはペナルティエリア外から左足で狙うが、オブラクがセープ。

 86分、バジャドリードがFKを獲得してゴール前にクロスを供給。ゴール前でボールがサンティアゴ・アリアスの腕に当たったかと思われたが、VAR判定の結果、ノーファウルとなる。

 その後スコアは動かず、アトレティコ・マドリードが1-0でバジャドリードに勝利を収めて4連勝となり、さらに今シーズン20回目のクリーンシートを記録した。この結果、アトレティコ・マドリードは勝ち点を「74」に伸ばし2位に位置。3位のレアル・マドリードとの勝ち点差は「9」となった。また、バルセロナが今節優勝するには勝利することが条件となる。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0 バジャドリード

【得点者】
66分 1-0 オウンゴール(アトレティコ・マドリード

【スターティングメンバー】
アトレティコ・マドリード(4-4-2)
オブラク;アリアス、サヴィッチ、ゴディン、F・ルイス(56分 コレア);コケ、サウール、トーマス(45分 ロドリゴ)、レマル;グリーズマン、モラタ(70分 ビトーロ)

バジャドリード(4-4-2)
マシップ;モジャーノ(70分 アントニート)、ホアキン、カレロ、N・マルティネス;O・プラノ(80分 フエンテ)、エレーロ、アルカラス、ワルド(63分 ビージャ);ウナル、グアルディオラ

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA