2019.04.25

【ヤングスター列伝⑨】左足の創造性はピカイチ…“ぺリコ”が愛する若きヒーロー

オスカル・メレンドは、エスパニョールの未来を担う逸材だ [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 経験の少ない若者が、大きな舞台でいきなりセンセーショナルなプレーを見せるのは非常に難しい。その点でいえば、エスパニョールオスカル・メレンドは“凡庸な若手”の枠をはみ出した存在であると言えるだろう。2017-18シーズンのコパ・デル・レイ準々決勝1st legバルセロナ戦で決めた劇的なゴールは、彼が特別な才能を持った選手だということを示していた。



名前:オスカル・メレンド(Oscar Melendo)
誕生日:1997年8月23日
年齢:21歳
身長/体重:167cm/65kg
主なポジション:アタッキングミッドフィルダー
リーグ成績:27試合出場0ゴール4アシスト

■“ぺリコ”の期待を背負う若きレフティー

メレンドは、エスパニョールの下部組織で育成された [写真]=Getty Images

 メレンドの体内には、幼少の頃から青と白の血が流れ続けている。カタルーニャ州バルセロナバルセロナで生を受けると、6歳の時にエスパニョールの下部組織に入団。各カテゴリーで高い評価を得て、2016年6月にはBチーム昇格を勝ち取る。

 2016-17シーズンには、トップチームデビューも果たす。11月20日のアラベス戦、当時の指揮官キケ・サンチェス・フローレスは、63分にメレンドをピッチに送り出した。そして、左利きのカンテラーノは上々のプレーでチームの勝利に貢献してみせたのだ。

「クラブ生え抜きのニュースターが誕生した!」。“ぺリコ”(エスパニョールサポーターの愛称)の期待が大いに高まるなか、メレンドの快進撃はさらに続く。翌2017-18シーズン、重圧のかかる舞台でメレンドは大仕事をやってのけた。

■「バルセロナダービー」でプロ初ゴールを記録

ライバルのバルサとの重要な一戦で、メレンドは目覚ましい活躍を披露した [写真]=Getty Images

 2017-18シーズンのコパ・デル・レイ準々決勝は、いつにない緊張感に包まれていた。同じ街を本拠地とするエスパニョールとバルサが準決勝進出を懸けて争うことになったからだ。

 1st legは2018年1月17日、エスパニョールのホームスタジアム『エスタディ・コルネリャ=エル・プラット』で行われた。ベンチスタートとなったメレンドだったが、75分に出番が訪れる。ハビ・フエゴに代わって試合に入ると、中盤でパスを配給しつつ、機を見てゴール前に飛び出していく。

 スコアレスで試合が終わろうかという88分、右サイドをマルク・ナバーロが突破すると、メレンドは迷いなくバイタルエリアに向けてダッシュを開始。自らにマークが付いていないと見るや、両手を挙げてボールを呼び込む。そして、ナバーロのマイナス方向への折り返しを左足で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。その瞬間、怒号のようなぺリコの歓声が、スタジアム全体にこだました。

■21歳にしてチームの主軸…ポリバレント性と左足の創造性は必見

チームの攻撃をリードする存在にまで成長したメレンドには、さらなる飛躍が期待できる [写真]=Getty Images

 2nd legでバルサに逆転を許し、エスパニョールはコパ・デル・レイ準決勝に進むことができなかった。しかし、ライバルを追い詰めるゴールを決めたメレンドは、一躍クラブのヒーローになった。

「あれは本当に特別な夜だった。ライバルであるバルサからゴールを奪ったんだからね。ユニフォームは誰とも交換したくなかったよ」

 スペインのラジオ局『オンダセロ』でエスパニョール愛を強調した21歳の若者は、今や完全にチームの主軸となっている。右足でのプレー精度やゴール前での決定力など、改善すべきポイントはいくつかあるが、今のエスパニョールの攻撃はメレンド抜きには完遂しないと言っていいほど、この男の存在感は高まっている。中盤センターでも右ウイングでもプレーできる多様性と左足の創造性は、一見の価値がある。

文=松本武水
写真=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る