2019.04.19

中井卓大がレアルの一員として2年連続凱旋、目標の選手や課題とは?

中井卓大
東京ヴェルディとの試合でドリブルを見せる中井卓大 [写真]=佐藤博之
サッカー総合情報サイト

 中井卓大が所属するレアル・マドリード カデーテAが参戦する、U16キリンレモンCUP2019の初日が19日に行われた。

 タイのチョンブリFCや、国内からも東京ヴェルディやFC東京などの育成年代のチームが参加して開催される同大会。レアル・マドリードは昨年に続いての出場となり、中井も2年連続の参加となった。

 中井は東京ヴェルディと対戦した第1試合、フル出場して4-1の勝利に貢献。2試合目となった桐光学園との試合ではキャプテンマークを巻いて、後半途中までプレーした(1-0でレアル・マドリードの勝利)。

 両試合ともボランチの位置に入り、パスを散らす役割をこなしつつ、時折攻め上がりを見せた中井。来日してすぐ、午前中と午後に試合スケジュールをこなす格好となったが、「勝てて良かったです」と安堵の表情を見せる。

 昨年の来日時からは「5センチくらい伸びて180センチくらい」という身長は、チームの中でも見劣りしないサイズに。年齢を重ねるごとにポジションを下げて、今の役割を務めることが多くなったが「好きなポジションですし、たくさんボールをもらえる」「エリアの中では勝負しろと言われていますが、真ん中では2、3タッチではたけとと言われています」と、やりがいを感じている様子。

[写真]=佐藤博之

 もちろん課題はたくさんあるようで、「もっとディフェンスで強く、うまくなりたいです。一番の課題にしているのは、エリア外からのミドルシュートで、監督にもみんなにも言われています。ゴールを決めて結果を出したいです」と分析している。

 目標の選手としてはトップチームでプレーするルカ・モドリッチと、SNSでも交流している様子を見せている乾貴士を挙げた中井。目標は「日本代表ではW杯に出て、活躍したいです。レアルでは、サンチャゴ・ベルナベウのピッチに立って、ゴールを決めたいです」と、力強く話している。

 U16キリンレモンCUP2019は20日にグループリーグの後半戦、21日に決勝トーナメントが開催。湘南ベルマーレの練習場でもある、馬入ふれあい公園のグラウンドが会場となっており、観覧は無料となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る