2019.04.18

【ヤングスター列伝④】20歳にしてチームの中心…華麗にタクトを振るう“ロス・セレステス”の指揮者

セルタの攻撃サッカーに欠かせない存在となっているフラン・ベルトラン [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 今季からセルタでプレーしている20歳のフラン・ベルトランには、ある異名が付けられている。“マルコ・ヴェラッティ2世”――、まだフットボーラーとしてのキャリアを歩み始めたばかりのベルトランが、将来的にパリ・サンジェルマンのプレーメーカーと同じレベルにまで到達するのかは未知数だ。だが、このマドリード出身の若武者が、御大に勝るとも劣らないポテンシャルを秘めていることは間違いない。



名前:フラン・ベルトラン(Fran Beltrán)
誕生日:1999年2月3日
年齢:20歳
身長/体重:170cm/66kg
主なポジション:センターミッドフィルダー
リーグ成績:28試合出場1ゴール0アシスト

■ラージョでプロデビュー…チャンスを確実に活かす強心臓ぶりを発揮

ベルトランは、ラージョのカンテラで才能を大きく伸ばした [写真]=Getty Images

 1999年にマドリード州マドリードで生まれたベルトランは、8歳でヘタフェのカンテラに加入。14歳の時には、ラージョ・バジェカーノのカンテラに活躍の場を移した。マドリード出身のベルトランが、同じくマドリード州にあるヘタフェとラージョに籍を置いたのは、自然な流れだったのかもしれない。

 2016-17シーズンには、ラージョのトップチーム昇格が決定。すると、開幕節のエルチェ戦でいきなり先発出場をつかみ取り、あれよあれよといううちにデビューを飾る。2016年10月29日のテネリフェ戦ではトップチーム初ゴールを決めてみせるなど、訪れたチャンスに物怖じしない強心臓ぶりを発揮した。

■小気味良いパス捌きと、ボールの受け方が秀逸

今季から加わったセルタでは、中盤でリズムを生み出す役割を担っている [写真]=Getty Images

 ラージョのキープレーヤーに成長したベルトランは、今季開幕前にセルタへの移籍を決断する。セグンダ・ディビシオンでプレーしていたベルトランだったが、ここまではプリメーラ・ディビシオン初挑戦とは思えないようなプレーを見せている。

 テンポ良くパスを捌く彼の姿を見て、20歳の若者だと思う者はほとんどいないだろう。プレーの選択はシンプルなものが多いが、むしろそれがチームのリズムを作り出すことに一役買っている。ボールの受け方も非常に上手い。相手との距離を常に把握しながら、次の動作にいち早く移れるような位置取りと体の向きを作り、ボールを呼び込むことができている。

■現在の役割は“チームの指揮者”、だが少年時代のアイドルは……

ミッドフィルダーのベルトランが幼少期に憧れていたのは…… [写真]=Getty Images

 今季新加入ながら、セルタの攻撃サッカーを支えているベルトラン。中盤でリズムを作り出し、試合をコントロールしている童顔のミッドフィルダーだが、少年時代のアイドルは意外や意外、元レアル・マドリードのエースフォワード、ラウール・ゴンサレスだったようだ。

 ベルトランがストライカーになることを諦めた要因の一つは、小柄な身長にあったという。だが、結果的にこの決断は、彼のキャリアを大きく前進させることになった。プレーの明確なビジョンを持っているベルトランは、中盤でチーム全体をオーガナイズする役割を与えられてこそ、その才能をいかんなく発揮できるからだ。ラウールのように華麗なゴールを決めることはないかもしれないが、ベルトランは非凡なパスセンスと20歳とは思えない落ち着きで、“ロス・セレステス”(セルタの愛称)の指揮者となっている。

文=松本武水
写真=Getty Images

【ラ・リーガ/ヤングスター列伝】のバックナンバー

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る