2019.04.13

バスケス、自身の去就について「僕はレアルにいたい」と残留を希望

ルーカス・バスケス
レアル・マドリードへの残留を希望するルーカス・バスケス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するルーカス・バスケスは同クラブへの残留を望んでいるようだ。スペイン紙『マルカ』が13日に伝えている。



 レアル・マドリードは今シーズン、リーグでは首位バルセロナに大差をつけられ優勝が現実的に厳しい状況となっている。また、チャンピオンズリーグではすでに敗退しているなど成績不振に苦しむシーズンを送っている。

 レアルの来シーズンに向けた大型補強に関する報道も多くされる中、バスケスは自身の去就について「何が起こるかわからない」とした上で、「僕はレアル・マドリードに残りたい。契約は2021年まで残っている」と残留を希望している。

「毎年のようにこの選手が来るとかそういう話はある。普通のことだよ」

「最高のプレイヤーはマドリードに来なくてはならない。(ベルギー代表MFエデン・)アザールはそのうちの一人だね。(フランス代表MFポール・)ポグバも面白いと思うよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る