2019.04.12

アトレティコMFトーマス、D・コスタの8試合出場停止処分は「厳しすぎる」

トーマス・パルティ
アトレティコ・マドリードでプレーするトーマス・パルティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードのガーナ代表MFトーマス・パルティがインタビューに応え、同僚のスペイン代表FWジエゴ・コスタへの処分についてコメントした。スペイン紙『マルカ』が11日に伝えている。



 6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第31節のバルセロナ戦で退場処分を受けたD・コスタには、スペインサッカー連盟(RFEF)によって主審への侮辱的発言に対して4試合の出場停止と、主審に掴みかかったことに対して4試合の出場停止の合計8試合に及ぶ出場停止処分が下された。

 この処分についてトーマスは「処分について聞いたばかりだけど、厳しすぎると思うよ。今後話し合いが行われて、軽減されることを願っているよ。何事も状況や取り巻く人間に左右されると思う。彼がやったことはおそらく正しいことではないと思うけど、この処分はさすがに重すぎるよ」とコメントし、出場停止の軽減を求めている。

 クラブ側は異議申し立てを行うことが可能となっているが、トーマスのコメントのように処分は軽減されるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る