2019.02.21

バルサ加入報道も…バイエルン、ブンデス得点首位のヨヴィッチに関心

ヨヴィッチ
フランクフルトで得点を量産しているヨヴィッチ [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 元日本代表MF長谷部誠のフランクフルトに所属するセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチに対し、加入合意報道もあったバルセロナだけでなく、バイエルンも関心を示しているようだ。ドイツメディア『スポーツビルト』の報道を引用し、ドイツ誌『kicker』日本語版が20日に伝えている。

 報道によれば、フランクフルト時代にヨヴィッチを見出したバイエルンのニコ・コヴァチ監督が幾度となくチームへ獲得をアピールしているという。約5000万ユーロ(約62億8000万円)とも言われる移籍金は、バイエルンにとって問題のない金額との見方を示している。

 現在21歳のヨヴィッチは2017年夏、ベンフィカから2年間のレンタル移籍でフランクフルトに加入。今シーズン限りで移籍期間は終了するが、完全移籍へと移行する買い取りオプションが契約に盛り込まれている。今シーズンはブンデスリーガ第22節終了時点で20試合出場14得点を記録し、得点ランキング首位に。94分に1得点ペースと、驚異的な得点力を披露している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る