2019.02.20

やはりレアル退団を検討中か…マルセロがクラブ幹部と会談を実施

マルセロ
マルセロがレアル幹部と会談? [写真]=Quality Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリード退団の噂が持ち上がっているブラジル代表DFマルセロが、クラブ幹部と会談を行ったようだ。スペイン紙『アス』が19日付で報じている。



 同紙によると、マルセロは18日にクラブのゼネラルディレクターを務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏と話し合いの場を持ったという。その中で、マルセロは現状への不満について言及。今シーズン終了後、自らの将来について考えると伝えたとのことだ。

 長年レアル・マドリードの左サイドバックを担ってきたマルセロだが、今シーズンはその地位が絶対的なものではなくなっている。負傷やスペイン人DFセルヒオ・レギロンの台頭もあり、リーガ・エスパニョーラではここまで24試合を終えて出場したのは13試合。ここ最近はベンチを温める試合が増え、先日には「もしレアルが僕を必要としない日が来たら、クラブを離れるよ」と発言していた。

 果たして、マルセロは今後どのような決断を下すだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る