2019.02.15

ベイル、最大12試合出場停止か…アトレティコ戦ゴールパフォが問題に

ベイル
ベイルのジェスチャーが問題視され、出場停止処分の可能性が浮上 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、最大で12試合の出場停止処分を科される可能性があるようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』やスペイン紙『アス』など複数メディアが報じている。



 レアル・マドリードは9日、リーガ・エスパニョーラ第23節でアトレティコ・マドリードとのダービーマッチを3-1で制した。アウェイでの一戦、ベイルはチーム3点目を記録。レアル・マドリード加入後、公式戦通算100得点目となる節目の一撃で勝利を決定付けた。

 しかし、得点後のパフォーマンスが問題視されているという。ベイルは右腕を頭の近くでL字型に曲げて拳を突き上げながら、左腕を折り曲げるジェスチャーを見せた。「ブラ・ドヌール」ともいわれるポーズは挑発的、侮蔑的な意味合いを示すとされており、リーガ側がスペインサッカー連盟の競技委員会に報告。今後、同選手が処分対象となるかどうかが決定されるという。

 報道によると、ベイルは4試合から12試合の出場停止処分を科される可能性がある。ただ、同選手のジェスチャーが観客の敵意を引き起こしたものであると判断されなければ、出場停止は1試合から3試合、あるいは1カ月間となるという。

 仮に12試合の出場停止処分となれば、リーグ戦復帰は今シーズンの最終盤となってしまう。ベイルへの処分がどのような形で下されるか、今後の動きに注目だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る