2019.02.13

ベイル、スペイン語でのコミュニケーションに難あり? マルセロが示唆

ベイル
2013年夏よりレアルでプレーするベイル [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2013年夏よりレアル・マドリードでプレーするウェールズ代表FWギャレス・ベイルだが、未だにスペイン語でのコミュニケーションに難があるようだ。スペイン紙『マルカ』が12日付で伝えた。



 同紙は、チームメイトであるマルセロのインタビューを掲載した。マルセロ自身、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやスペイン人GKキコ・カシージャが退団したことでロッカールームにおいて孤独を感じているというが、その中で近くにいるベイルとの会話が少ないことを打ち明けている。

「僕はクリスティアーノや彼の家族、ガールフレンドとは非常に良い関係を築いていた。9年も彼とプレーしたんだ。当然寂しいよ。キコ・カシージャについても同じだ。彼は(ドレッシングルームで)僕の隣に座っていた。毎日、僕は『キコ、調子はどうだい』『元気かい』と言っていた。今、僕の隣には誰もいない。反対側にはベイルがいるよ。でも、ベイルは英語しか話さない。僕たちはジェスチャーを交えながら『ハイ、ハロー、グッドワイン』と言っているだけなんだ」

 マルセロのコメントによれば、ベイルはチームメイトとの意思疎通に不安を抱えていると推測できる。現在はベンチからのスタートが多く、サンティアゴ・ソラーリ監督の信頼をつかみ切れていないが、コミュニケーションの問題も影響しているのかもしれない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る