2019.02.11

「改善しなければ…」テア・シュテーゲン、ビルバオ戦は「妥当なドロー」

テア・シュテーゲン
ビルバオ戦で無失点に抑えたテア・シュテーゲン [写真]=MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは10日、リーガ・エスパニョーラ第23節でアスレティック・ビルバオとのアウェイゲームを戦い、0-0で引き分けた。この試合でバルセロナのゴールマウスを守ったドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、改善が必要との見解を示している。スペイン紙『マルカ』が同日付で伝えた。


 バルセロナはこの試合、序盤からアスレティック・ビルバオに攻め込まれ、スペイン人FWイニャキ・ウィリアムスや同MFラウール・ガルシアらに決定機を作られる。しかし、テア・シュテーゲンをはじめとする守備陣が踏ん張り、ゴールは許さなかった。一方、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシら攻撃陣も沈黙し、今シーズンのリーグ戦で初めて無得点に。テア・シュテーゲンは攻守両面での改善を誓っている。

「改善すべきことはいつもある。我々がしなければならないことだ。時間が来るまで、試合をよく分析する必要がある。妥当なドローだ」

「チームで最高のパフォーマンスを見せた選手だったかは分からない。ただ、ベストを尽くせるようにトライするよ。守備的には、今日は良い日だった。でも、改善しなければならないことがいつもあるし、僕についても同様だ。今日のパフォーマンスには満足しているけどね」

 バルセロナは次節、16日にバジャドリードと対戦する。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング