2019.02.10

「VARのせいで負けたとは思わない」…シメオネがダービー敗戦受け入れる

シメオネ
シメオネ監督がダービー敗戦を受け入れた [写真]=Quality Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節で、アトレティコ・マドリードはホームにレアル・マドリードを迎え、1-3で敗れた。この試合ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定が試合の行方を大きく左右したが、ディエゴ・シメオネ監督は敗戦を素直に受け入れている。スペイン紙『マルカ』が同日付で同監督のコメントを伝えた。

 大観衆の中で行われた“マドリード・ダービー”だったが、アトレティコ・マドリードはVARの判定に苦しめられた。1-1で迎えた40分、アトレティコ・マドリードはウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスがレアル・マドリードのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを倒し、PKを与えてしまう。両選手の接触はPA外だったように見えたが、VARもPKとジャッジ。これを沈められ、勝ち越し点を奪われる。

 54分にはスペイン代表FWアルバロ・モラタがロングフィードに抜け出してゴールネットを揺らしたものの、VARの判定によってオフサイドに。同点弾が幻になると、その後さらに1点を献上し、本拠地ワンダ・メトロポリターノでの今シーズン初黒星を喫した。

 試合後、シメオネ監督はVARによる判定の影響を否定した。同監督は力の差を認め、レアル・マドリードを称賛している。

「相手が上回ってたから、アトレティコ・マドリードは敗れたんだ。VARについては話さない。私は(VARが)間違いなくもっと良くなり、全てにおいて物事を効率的にすると信じている」

「私はVARをやっている人のようにはリプレーを見れない。だから彼らの判定は正しかったんだと思うね。VARのせいで負けたとは思っていない。相手は我々よりも優れていたし、上回っていた。彼らは非常に良い試合をした。彼らを祝福するし、次の試合に向けて準備するよ」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る