2018.12.31

チーム再建へ冬の移籍市場でレアルが狙うのは? 獲得が噂された18人を一挙おさらい!

レアル・マドリードが獲得を狙った選手たちをおさらい [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 いよいよ2019年1月1日から冬の移籍市場がオープンする。近年は多くのビッグディールが行われてきたこともあり、各クラブの動向が気になるところだが、最も注目すべきはレアル・マドリードだろう。今月開催された「FIFAクラブワールドカップ2018」で3連覇を飾り、世界王者に輝いたが、今季の低迷ぶりは深刻だ。リーグ戦で調子を上げられず、“エル・クラシコ”では1-5の大敗を喫した。ついには開幕前に新指揮官として迎えたフレン・ロペテギは解任される事態にまで陥った。

 低迷を極めた最大の理由は「クリスティアーノ・ロナウドの放出」だ。チームの得点源を失うと、夏の移籍市場で“代役”の獲得に失敗し、シーズンに突入。さらに、新エースが台頭せず得点力不足に苦しんだ。そのため、ここまでアタッカーを中心に多くの新選手獲得の噂がサッカー界を駆け回った。

 また、指揮官に関してもニューフェイスを模索した。チームをチャンピオンズリーグ3連覇に導いたジネディーヌ・ジダンは、シーズン開幕前に勇退を選択。上述の通り、ロペテギに後任の荷は重く、すぐに退任。現在はカスティージャ(Bチーム)を率いていたサンティアゴ・ソラーリが監督を務めているが、ロペテギの解任直後は他の候補者たちの名前が挙がった。

 今冬の移籍市場を終えたとき、白い巨人は本来の姿を取り戻すことができるのか。移籍市場オープン前に、レアルが獲得を狙っていたとされる選手をここまで報じれてきたニュースとともにおさらいしていこう。

写真=ゲッティイメージズ

ハリー・ケイン


レアルは新たな得点源を確保するべく、イングランド代表のエースストライカーの獲得を希望してきた。しかし、バルセロナもルイス・スアレスの後釜としてケインの獲得を目指しているようで、争奪戦必至と目されている。

[2018年7月9日]レアル、ケイン獲得を目指す…C・ロナウドに代わる得点源の確保へ
[2018年12月9日]バルサが約290億円でケイン獲得を31歳のスアレスの後継者候補に

ネイマール


2017年に約290億円もの移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマールも、レアルが狙ってきた1人だ。夏の移籍市場では「3億ユーロ(約379億)に及ぶ巨額資金を用意している」とも報じられたが、獲得は叶わず。同選手にはバルセロナ復帰も噂されるなど、獲得までの道は険しそうだ。

[2018年8月18日]レアル、ネイマール獲得を諦めず…PSGはFFP制裁によって放出の可能性
[2018年10月18日]ネイマール、20年夏のバルサ復帰が浮上? 移籍金260億円、レアルと争奪戦か

エデン・アザール


チェルシーとの契約を2020年6月30日まで残すアザールだが、「子どもの頃から夢見たクラブ」とレアルへの憧れを公表してきた。レアルは今冬も引き続き同選手の獲得を目指すことが予想されている。

[2018年10月9日]アザール、心の内を明かす「レアルは子どもの頃から夢見たクラブ」
[2018年10月19日]アザール、残留が決定的か? 英紙のインタビュルシーで幸せだ」

ラヒーム・スターリング


所属するマンチェスター・Cとスターリングの間では、給与面の交渉で折り合いがつかず、10月時点で契約延長に至らなかった。ところが、11月に2023年までの契約延長が発表され、冬の移籍市場におけるレアルの獲得は事実上消滅した。

[2018年10月21日]レアル、マンCのスターリング獲得へ本腰…給与アップを提示
[2018年11月10日]スターリング、マンCと23年まで契約本当に感謝している」

アレックス・テレス


不動の左SBマルセロのユヴェントス移籍の可能性が浮上したことで、同選手の代役探しにも着手。ポルトに所属するブラジル人DFアレックス・テレスの獲得が噂された。

[2018年10月23日]夏には移籍報道否定も…マルセロ、ユーヴェ加入希望をレアルに伝えた?
[2018年10月23日]マルセロにユーヴェ移籍報道のレアル、長友の“元ライバル”が?

ウィルマル・バリオス


10月、中盤の守備力強化を希望したロペテギが、バリオスのプレーをチェックするため、視察を派遣したと報じられた。同選手はトッテナムも獲得を狙っていたが、移籍は実現しなかった。監督が交代したことで、レアル移籍は消滅か。

[2018年10月27日]中盤の守備力アップを目指すレアルア代表MF獲得に興味

ブラヒム・ディアス


スペインU-19代表で、18歳でマンチェスター・Cのトップチームデビューを果たした超新星。レアルは今冬か来年夏の移籍市場で交渉を望んでいるとされているが、同選手にはドルトムントなど、複数のクラブが関心を寄せており、争奪戦が予想される。

[2018年11月3日]レアル、マンCの19歳新星ディアスを狙う…契約は今季限り、去就に注目
[2018年12月1日]ペップ、レアル移籍が噂される新星MFディアスに「残留を望まないなら…」
[2018年12月29日]レアル、マンCの若手有望株MFディアスを狙う…約21億円を準備か

スソ


故障が多く、トップコンディションでのプレーが少ないギャレス・ベイルに代わる後釜として白羽の矢が立った。これまでも度々移籍の可能性が報じられており、ローマやナポリも興味を示しているとされている。

[2018年11月7日]ベイルの後釜候補? レアル、ミランのスソ獲得へ約52億円を準備か

アルフォンソ・ペドラサ


アレックス・テレスに続き、マルセロの後継者として名前が挙がった選手。もともとはサイドハーフの選手だが、サイドバックとしてもプレーでき、ユーティリティー性をレアルも高く評価している。

[2018年11月7日]マルセロの後継者探しに着手…レアル、ビジャレアルの22歳に関心か

マリオ・エルモソ


レアルのカスティージャ(Bチーム)出身で、現在はエスパニョールでプレーする23歳。今年はスペイン代表にも初招集されるなど活躍し、レアルが買戻しを画策していると報じられた。

[2018年11月9日]レアル、下部組織出身の22歳を“買い戻し”か…スペイン代表初招集のDF

エセキエル・パラシオス


リーベル・プレートの下部組織出身のアルゼンチン代表MF。レアルとはすでに合意済みで、コパ・リベルタドーレスの決勝終了後に移籍が正式発表されると報じれていたが、現在まで発表はされていない。

[2018年11月14日]レアル、冬の補強第1号はアルゼンチンの新星…獲得合意とスペイン紙

エンゴロ・カンテ


カゼミーロの負担軽減、中盤の守備力強化などのため、チェルシーからの引き抜きを画策。PSGやバルセロナなど他クラブも関心を寄せていたが、チェルシーとの契約を2023年まで延長した。

[2018年11月16日]レアル、PSGが関心も…仏代表カンテ、チェルシーと新契約締結へ
[2018年11月23日]カンテがチェルシーと新たに5年契約を締結!「この街、クラブが好き」

ラダメル・ファルカオ


シーズンを経過しても得点力不足は改善できず、コロンビアの点取り屋を狙った。所属するモナコはリーグ戦で下位に低迷。ファルカオはクラブとの関係も悪化し、冬の退団を希望しているとの報道も。

[2018年11月17日]レアル、ファルカオをリストアップ…代理人次第で冬のモナコ退団も

ペドリーニョ


コリンチャンスに所属し、市場価値は約56億円とも目されている新生。左利きのウインガーで、足元の技術やドリブル突破を武器としている。同選手はバルセロナも獲得を狙っている。

[2018年11月19日]レアル、南米の若手に関心? 次はブラジル人FWペドリーニョに目星付け

マウロ・イカルディ


レアルをはじめPSGやマンチェスター・Uなど、多くのビッグクラブが獲得を画策。一時はインテルとの契約延長が目前とされていたが、交渉は難航しており、未だ延長には至っていない。

[2018年12月2日]昨季セリエA得点王のイカルディ、レアル移籍報道を一蹴「ここで勝ち取りたい」
[2018年12月15日]イカルディがついに新契約締結か…妻で代理人のワンダ・ナラ夫人がSNSで示唆
[2018年12月19日]インテル、イカルディとの契約延長難航…代理人「まだ遠くにいる」

ジェイドン・サンチョ


首位を快走するドルトムントの原動力となっている18歳のアタッカー。マンチェスター・Cの下部組織出身で、2017年にドルトムントへ移籍。バルセロナやバイエルンも獲得に乗り出している。

[2018年12月22日]レアル、ブレイク中のイングランド代表FWサンチョ狙う…今季公式戦22試合に出場

アントニオ・コンテ


ロペテギ解任後、新指揮官として有力視されていた1人。昨シーズン限りでチェルシーの監督を退任し、現在はフリーとなっているが、レアルのオファーを断り、来夏までを充電期間に充てるという。

[2018年10月31日]コンテ氏、レアルの監督就任オファーに断りか…来夏まで充電期間延長へ

ロベルト・マルティネス


コンテと並び新指揮官候補として浮上。アザールの獲得にも力を発揮できると期待されていた。

[2018年10月31日]アザール獲りへ…ベルギー代表監督がレアルの新監督候補に浮上
[2018年11月11日]ヴィツェル、レアル行きが噂されるマルティネス監督の去就に言及

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング