2018.12.22

ビダル、バルベルデ監督との過去の不和を明かす「少し熱くなってしまった」

バルベルデ監督(右)との関係悪化を明かしたビダル(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、エルネスト・バルベルデ監督との関係が悪化していた時期があったことを明かした。スペイン紙『アス』が伝えている。



 ビダルは今年の夏に加入したものの、バルベルデ体制の下で出場機会を確保することができていない。10月には、ベンチスタートの試合で自身のSNSに怒った顔の絵文字を投稿し、監督との不和が報じられていた。

 同紙によると、ビダルは監督との問題について次のように言及。過去には関係が悪化していた時期があったことを明かし反省を口にしている。

「確かに少しフラストレーションがたまっていた。しかしそれは過去のことだ。選手はいつだってプレーしたいし、重要でありたいんだ。チームに貢献するためにここへ来たし、大切なチームに問題を引き起こしたりなんかしない。あれは少し熱くなってしまったけれど、もう過ぎたことだ。今は練習に懸命に取り組み、上手くやること、そしてタイトルを勝ち取ることについてだけ考えているんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る