2018.11.14

レアル、レギロンは1カ月程度の離脱へ…マルセロらはまもなく復帰か

レギロン
セルタ戦で負傷したレギロン [写真]=Quality Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのスペイン人DFセルヒオ・レギロンは、1カ月程度の離脱となるようだ。スペイン紙『マルカ』が13日付で伝えている。



 レギロンは、11日のリーガ・エスパニョーラ第12節セルタ戦で右足を負傷した。レアル・マドリードは、診断結果について「右足大腿二頭筋の筋損傷」と発表している。全治までの期間は明らかにされていないが、『マルカ』紙はプレー再開まで1カ月程度を擁するとの見解を示した。

 守備陣に故障者が続出しているレアル・マドリードだが、インターナショナルブレーク明けには主力選手が復帰する模様だ。同紙によると、フランス代表DFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFダニエル・カルバハル、ブラジル代表DFマルセロは中断明けの復帰が見込まれている。

 レアル・マドリードは次戦、24日にリーグ第13節でエイバルとのアウェイゲームを戦う。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る