2018.11.04

“神童”が先制点を演出…監督交代敢行のレアル、リーガ6試合ぶりの勝利

ヴィニシウス・ジュニオール
先制点の起点となったヴィニシウス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第11節が3日に行われ、レアル・マドリードバジャドリードを2-0で下した。試合はスコアレスのまま進んでいくも、83分にヴィニシウス・ジュニオールのクロスが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、レアル・マドリードが先制に成功する。88分にはセルヒオ・ラモスがPKを沈めて追加点を挙げる。試合はこのまま終了し、監督交代を敢行したレアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラ6試合ぶりの勝利を飾った。



 次節、レアル・マドリードは11日に敵地でセルタと対戦。一方、バジャドリードは10日にエイバルをホームに迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 バジャドリード

【得点者】
1-0 83分 キコ・オリバス(OG/レアル・マドリード
2-0 88分 セルヒオ・ラモス(PK/レアル・マドリード

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;オドリオソラ、S・ラモス、ナチョ、レギロン;カゼミーロ(56分 イスコ)、クロース、モドリッチ;ベイル(71分 L・バスケス)、ベンゼマ、アセンシオ(73分 ヴィニシウス)

バジャドリード(4-2-2)
マシップ;モジャーノ(85分 チョプ)、オリバス、カレロ、ナチョ;アントニート、ミチェル、アルカラス、ビージャ(69分 ヴェルデ);スアレス(76分 プラノ)、ウナル

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る