2018.10.22

レアルB指揮官、トップの次期監督を示唆?「チームを助けるためにいる」

ソラーリ
カスティージャを率いるソラーリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのBチームで監督を務めるサンティアゴ・ソラーリ氏がトップチームのジュレン・ロペテギ監督についてコメントした。22日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 今シーズン、第9節を終えたリーガエスパニョーラで4勝3分2敗の7位につけるレアル。クラブワーストとなる連続無得点記録を更新してしまうなど低空飛行が続く。そのレアルの下部チームであるカスティージャを率いるソラーリ監督が次期トップチームの監督候補として名前が挙がっている。

 ソラーリ監督は21日にメディアに対して「マドリードのBチームを見て、クラブを助けるためにここにいる。しかしチームが困難な時にはもっと助ける必要があるだろう」とコメント。ロペテギ監督の解任が噂される中で、ソラーリ氏の発言に注目が集まっている。

 また、同紙はソラーリ監督の他にもチェルシーの前監督であるアントニオ・コンテ氏なども候補として挙げている。現在リーガ3部のグループ1で2位につけているカスティージャ。指揮官の昇格は行われるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る