2018.10.22

レアルの救世主はイブラ? 深刻な得点力不足で来年1月の獲得検討か

イブラヒモヴィッチ
イブラヒモヴィッチがレアル加入か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードが、ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ獲得を検討しているようだ。スペインメディア『COPE』が22日付で報じている。

 今シーズンよりフレン・ロペテギ氏を新監督に迎えたレアル・マドリードだが、現在公式戦5試合未勝利に陥るなど、不振が続いている。特に、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去った前線の低調ぶりは深刻で、20日のリーガ・エスパニョーラ第9節レバンテ戦では、116年間にわたるクラブの歴史において最悪となる496分間連続無得点を記録してしまった。

 同メディアによれば、事態を重く見たクラブ上層部が、来年1月の移籍市場でイブラヒモヴィッチ獲得に動くことを考えている模様だ。同選手はかつてバルセロナでプレーしており、リーガ・エスパニョーラでの経験という問題はない。37歳という年齢が不安視されるものの、今シーズンのメジャーリーグ・サッカー(MLS)では25試合出場21得点と未だ衰えを感じさせないプレーを見せている。

 果たして、イブラヒモヴィッチがレアル・マドリードの“救世主”となるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る