2018.10.21

レアル監督解任に近づく? 前チェルシー監督のコンテ氏が新監督候補に

アントニオ・コンテ氏
前チェルシー監督のコンテ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨シーズンまでチェルシーを指揮したアントニオ・コンテ氏が、レアル・マドリードの新監督候補に挙がっているようだ。イギリス紙『スター』が20日に伝えている。

 同メディアによると、20日のレバンテ戦で敗れたレアル・マドリードはフレン・ロペテギ監督の解任を検討している模様。数日前から新監督候補としてコンテ氏が有力候補に挙がっていたようだが、今回の敗戦でより同氏の就任が現実味を帯びてきたという。ロペテギ監督はスペイン紙に監督解任について問われると、「私はこれまで以上に意欲的に取り組んでいる」とコメントしていたが、解任の時は刻一刻と近づいていると同メディアは伝えている。

 現在49歳のコンテ氏は、ユヴェントスやイタリア代表での指揮を経て2016年にチェルシーの監督に就任。就任1年目でプレミアリーグを制したが、昨シーズンは5位とチャンピオンズリーグ出場権を逃す結果に終わりシーズン終了後に解任された。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る