2018.09.29

伝統の“マドリード・ダービー”について知っておきたい10のこと

マドリード・ダービー
レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが激突する [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 29日のリーガ・エスパニョーラ第7節で、レアル・マドリードアトレティコ・マドリードによる“マドリード・ダービー”が開催される。8月15日に行われたUEFAスーパーカップでは、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)王者であるアトレティコ・マドリードがチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリードに4-2で勝利。今シーズンの初タイトルを手に入れた。42日ぶりの再戦となる今回の一戦では、果たしてどちらが勝者となるのか。スペインの首都マドリードを二分する伝統のダービーマッチについて、知っておきたい10のことを紹介する。

■初対戦は112年前
両チームが公式戦で初めて対戦したのは、112年前のこと。1906年12月2日に行われた試合で、アウェイのレアル・マドリードが2-1の勝利を収めた。

■スペイン最多のダービーマッチ
1906年の初対戦以来、両チームは公式戦で271回対戦。バルセロナとエスパニョールによる“バルセロナ・ダービー”の259回を上回り、スペインサッカー界で最も対戦数の多いダービーマッチとなっている。なお、2014年の年始から数えて、両チームが対戦するのは今回が23回目。レアル・マドリードが最近4年間で最も多く対戦している相手が、アトレティコ・マドリードになる。

マドリード・ダービー

[写真]=Getty Images

■通算ではレアルが圧倒するが…
通算戦績は、138勝64分け69敗とレアル・マドリードが圧倒。しかし、ディエゴ・シメオネ監督がアトレティコ・マドリードの指揮官に就任した2011年12月以降のダービーに限ると、9勝9分け9敗と全くの五分になる。(注:2015-16シーズンのCL決勝でレアル・マドリードがPKにより勝利を収めた試合は引き分けとカウント)

■ロペテギ監督はダービー初勝利なるか
今シーズンからレアル・マドリードを率いるフレン・ロペテギ監督にとっては、人生で3度目の“マドリード・ダービー”となる。初ダービーは、1990年4月のこと。レアル・マドリードのGKとして、ビセンテ・カルデロン(アトレティコの前本拠地)での一戦にフル出場を果たし、3-3のドローに終わった。それから28年後の今年8月、監督としての初陣となったUEFAスーパーカップで2度目のダービーを経験。エストニアで行われた試合は、2-4で敗れてタイトルを逃した。ここまで1分け1敗と分が悪いが、今回は本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのゲームになる。ホームのファンの前で祝杯を挙げられるだろうか。

ロペテギ

[写真]=Getty Images

■ベルナベウを苦にしないアトレティコ
アトレティコ・マドリードは近年、敵地サンティアゴ・ベルナベウでの試合を苦にしていない。特にリーグ戦では、2012年12月に0-2の敗戦を喫して以降、5戦負けなし(3勝2分け)。レアル相手のアウェイゲームとしては最長の無敗記録になる。ロペテギ監督はこの嫌な流れを断ち切れるのか、注目される。

■ホームアドバンテージは存在しない!?
サッカーの試合ではホームチームが圧倒的に有利とされるが、近年の“マドリード・ダービー”はその通説が当てはまらない。特にリーグ戦では、アトレティコが4-0で勝利した2015年2月の試合を最後に、6戦連続でホームチームが勝利を逃している(4分け2敗)。ダービーマッチと言えば、現在の順位や調子は全く関係ないと言うが、“地の利”すら存在しないのかもしれない。

■古巣対戦
両チーム共に、今回のダービーが“古巣対戦”となる選手を抱えている。今夏、レアル・マドリードに加入したベルギー代表GKティボー・クルトワは、2011年から3年間にわたってアトレティコ・マドリードに在籍。正GKとして公式戦154試合に出場した。“白いユニフォーム”を着用して迎えるダービーマッチはこれが初めてのことになる。一方、アトレティコ・マドリードでは、ブラジル代表DFフィリペ・ルイス、スペイン代表MFサウール・ニゲス、同代表DFフアンフラン、スペイン人GKアントニオ・アダンの4名にレアル・マドリード在籍歴がある。

クルトワ

[写真]=Soccrates/Getty Images

■新たな“ダービー男”は?
“マドリード・ダービー”の歴代最多得点者はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで、通算22得点をマーク。しかし、同選手は今夏にユヴェントスへ移籍した。現在、両クラブに在籍する選手のうち、ダービーで最も多くのゴールを奪っているのはアトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンで“わずか”5得点。近年は「C・ロナウドのためのダービー」となってきたが、今回の一戦で新たな“ダービー男”が誕生するか。

■通算40回目のダービー
レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、出場すれば通算40回目の“マドリード・ダービー”を戦うことになる。クラブOBのパコ・ヘント氏とマノロ・サンチス氏の42試合に次ぐ歴代単独3位、現役選手としてはトップの記録だ。アトレティコでは、スペイン代表MFコケが現役最多の26試合に出場。クラブ歴代6位の記録となっている。

S・ラモス

[写真]=Fantasista/Getty Images

■背番号付きのユニフォームを着用した初めての試合
“マドリード・ダービー”は、スペインサッカー界で初めて背番号付きのユニフォームを着用して行われたゲームと言われている。1947年11月23日に行われた試合で、レアル・マドリードの選手たちが各自の背番号が入ったユニフォームを着用。当時としては、非常に画期的なことだった。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング