2018.08.21

PSG、W杯で大活躍のMFラキティッチの獲得を希望も…バルサは断固売却拒否

ラキティッチ
ラキティッチの獲得を狙うパリ・サンジェルマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンはバルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの獲得に関心を示している。21日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 ラキティッチは2018 FIFA ワールドカップ ロシアで自国を決勝の舞台まで導き、大会を通して好調ぶりをサッカー界に見せつけた。そのパフォーマンスを受けて、パリ・サンジェルマンは同選手の獲得に動いている模様だが、バルセロナは売却を断固拒否している。

 同クラブを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、ラキティッチを中心的選手として高く評価しており、同選手に関する退団の噂など一切検討しないとのこと。

 しかし、ラキティッチの契約解除金は1億2500万ユーロ(約157億円)で設定されており、パリ・サンジェルマンがその金額を支払えば同選手次第で移籍は成立してしまう状況である。

 そんな中、パリ・サンジェルマンは昨シーズン多額の移籍金を費やし、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を成立させた。これによりファイナンシャル・ファプレーのルール上、複数の選手を売却しない限り、ラキティッチの獲得に動くことはできない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る