2018.08.17

今シーズンよりリーガが米国でも開催へ! レアル、バルサが試合を行う予定

バルセロナ、レアル・マドリード
昨年アメリカで行われたエル・クラシコ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラは、Relevant社とアメリカでリーグ戦を行うことで15年契約を結んだ。16日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 2026年ワールドカップ(W杯)は、アメリカ、カナダ、メキシコの共同開催となっている。新たに設立された『LaLiga North America』と呼ばれる組織は、世界的な人気を誇るクラブと選手を誇るリーガの影響力を駆使し、W杯に向けて北米のサッカー文化の成長を促すことが目的である。

 この方針によって、リーグ戦の一部試合を今シーズンより15年の間アメリカで開催することが決まった。現時点では詳細は公開されていないが、スペイン紙『エル・パイス』によると、アメリカでは1試合が行われ、影響力を加味し、レアル・マドリードまたはバルセロナが試合を行うことが予想されている。

 Relevent社の会長兼オーナーであるスティーブン・ロス氏は「この特別な合弁事業は、サッカーの人気が高まっている北米での次の大きなステップです。北米サッカーファンにとって、最高レベルのサッカーを体験する新しい機会を創造できる」とコメント。また、スペインプロリーグ機構の会長を務めるハビエル・テバス氏は「私たちは世界中のサッカーに対する情熱を育てることに専念しており、北米でサッカーを成長させるという共同ミッションに満足している」と発言した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る