2018.08.17

UEFAスーパー杯で敗れたレアル、マルセロ「アトレティコは優勝に値した」

マルセロ
アトレティコを称えたマルセロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、15日に行われたUEFAスーパーカップに関してコメントした。16日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 UEFAスーパーカップが15日に行われ、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したレアル・マドリードはヨーロッパリーグ王者のアトレティコ・マドリードに2-4で敗れた。レアル・マドリードが国際大会の“決勝”(タイトルマッチ)で敗れたのは2000年以来のことという。

 この敗戦にマルセロは「プレシーズンは言い訳ではないが、リーグで順調にスタートするためには変わる必要がある。悲しくて、受け入れがたいが、ミスを減らしたチームが勝つ。僕たちもミスをしてしまうんだ」とリーグ開幕までに改善する必要があるとコメント。また「アトレティコは優勝に値した。おめでとう」と因縁の相手を称えた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る