2018.08.10

ケパ以外にも…ビルバオ、12年夏以降の契約解除金収入は約284億円

J・マルティネス、エレーラ、ラポルテ、ケパ
(左上から時計回りに)J・マルティネス、エレーラ、ラポルテ、ケパ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アスレティック・ビルバオは、今夏の移籍市場でスペイン代表GKケパ・アリサバラガをチェルシーに売却した。チェルシーは契約解除金8000万ユーロ(約102億8000万円)を満額支払っての獲得となったが、アスレティック・ビルバオは2012年夏以降に4選手の売却で2億2100万ユーロ(約284億円)もの契約解除金を受け取ったという。スペイン紙『アス』が伝えた。

 同紙が今回取り上げたのは、スペイン代表MFハビ・マルティネス、スペイン人MFアンデル・エレーラ、フランス代表DFアイメリク・ラポルテ、そしてケパの4選手だ。この4選手の売却にあたっては、いずれも移籍先のクラブが契約解除金を満額支払っている。

 まず、2012年夏にアスレティック・ビルバオからバイエルンに移籍したJ・マルティネス。バイエルンは同選手を獲得するために契約解除金4000万ユーロ(約51億円)を支払った。なお、この金額はブンデスリーガにおけるスペイン人選手の移籍金史上最高額であると同紙は伝えている。2014年夏には、マンチェスター・Uがエレーラを獲得した。この時には、契約解除金3600万ユーロ(約46億3000万円)がアスレティック・ビルバオに支払われている。

 今年1月の移籍市場では、マンチェスター・Cがラポルテ獲得で契約解除金6500万ユーロ(約83億5000万円)をアスレティック・ビルバオに支払った。この金額はマンチェスター・Cにおける当時のクラブ史上最高額であった(今夏の移籍市場でアルジェリア代表MFリヤド・マフレズがこれを更新した)。そして今夏、アスレティック・ビルバオはケパの売却で8000万ユーロを手にした。すでに報じられている通り、この金額はGKの移籍金としては史上最高額となっている。

 同紙は、「契約解除金を満額支払うか、取引をやめるか」といったアプローチで、アスレティック・ビルバオが多額の移籍金収入を得ているとした。バスク地方出身選手のみを集める“純血主義”に注目が集まる同クラブだが、移籍交渉におけるポリシーもなかなかにユニークである。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る