2018.08.10

“C・ロナウドの再来”グエデス、熱望するバレンシア完全移籍なるか? 

ゴンサロ・グエデス
ポルトガル代表でプレーするグエデス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスが、昨シーズンにレンタル移籍で在籍したバレンシアへの完全移籍に少し近づいたようだ。スペイン紙『マルカ』が9日に報じている。

 9日にプレミアリーグの移籍期間が終了したため、PSGからの退団が既定路線となっているグエデスの移籍先の選択肢が絞られることになった。同メディアによると、2018 FIFAワールドカップ ロシアの終了後にイングランドのクラブからPSGの要求額を満たす高額のオファーが届いたが、バレンシアでのプレーを望む同選手が拒否していたという。これによりグエデスは現在トップチームのトレーニングから外されている。

 また、現在バレンシア側は4000万ユーロ(約50億円)のオファーを提示しているとみられており、他クラブの入札がなくなった今、PSG側の決断が待たれているようだ。昨シーズンはバレンシアでレギュラーに定着し、33試合に出場して5得点を記録するなど“C・ロナウドの再来”と謳われた才能の片鱗を見せつけた21歳のグエデスだが、希望は叶うのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る